ゴマハギ

2016年12月6日

スポンサーリンク

ゴマハギ

英名:Twotone tang
学名:Zebrasoma scopas

ゴマハギ
ゴマハギ

駿河湾以南、小笠原、~インド・西太平洋域(ハワイ諸島、ジョンストン島、ウェイク島を除く)の岩礁帯やサンゴ礁域にすむ。
キイロハギによく似ていて体色の変異が多く黒っぽいものから黄色まで様々で特に黄色っぽいものは区別がむずかしいが普通前半がくすんだ黄色、後半が暗褐色になることにより区別できる。体長15cmほどで尾びれの付け根にはニザダイ類特有のトゲがある。

ゴマハギとキイロハギ
ゴマハギとキイロハギ
ゴマハギ
ゴマハギ
ゴマハギの幼魚
ゴマハギの幼魚(碧南海浜水族館にて)

外部リンク Wikipedia (掲載なし)
最終投稿日:2016/10/21


読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

PAGE TOP