名古屋港水族館のバンドウイルカ

2017年2月12日

スポンサーリンク

バンドウイルカ(マイルカ科)

英名:Bottlenose dolphin
学名:Tursiops truncatus

名古屋港水族館のバンドウイルカ
名古屋港水族館のバンドウイルカ

 

(引用:名古屋港水族館)
映画やテレビ、そして水族館でもおなじみのイルカ。好奇心が強く、人間にも慣れやすいため、漁師と協力して魚の追い込み漁をおこなったり、沿岸に棲みついて一緒に遊んだりすることもある。

多くは世界中の暖かい海に生息するが、冷温帯から熱帯までと幅広い。体の大きさや体色などは、分布域により極めて変異に富み個体差も大きい。群れをつくり、100頭から数千頭にもなる。魚類やイカなど、主に群集性の獲物を集団で効率的に捕食することが多いが、カニやタコなども食べる。英名のBottlenose dolphin(ボルトノーズドルフィン)は、吻(口先)から頭部が瓶の形に似ていることから名づけられた。船首波(船が進むときに舳先にできる波)や、航跡にできる波に好んで乗ることが知られており、航行中の船舶からその姿を観察できることがある。

外部リンク Wikipedia


読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

PAGE TOP