コトヒキ

2016年11月21日

スポンサーリンク

コトヒキ

英名:Arrow bass、Creacent-banded tigerfish
学名:Terapon jarbua

コトヒキ
コトヒキ

関東で上がる固体は小振りであるが、西日本では40センチを大幅に超える大型が上がる。大きさによって用途が代わり、西日本では食用魚として比較的よく見られるが、関東などでは珍しい。値段の安い魚で塩焼きなど総菜に利用されている。
良く似た魚にシマイサキがいるが、シマイサキの縦縞が真っ直ぐであるのに比べて、コトヒキは曲がっているので見分けることができる。

コトヒキ
コトヒキ

(参考:シマイサキ

シマイサキ
シマイサキ

 

外部リンク Wikipedia (掲載なし)
最終投稿日:2016/10/30


読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

PAGE TOP