赤ちゃんウミガメ

2016年10月5日

スポンサーリンク

名古屋港水族館のウミガメたち

赤ちゃんウミガメ
今年生まれた赤ちゃんウミガメ

ウミガメは世界に8種類おり、その全ての種類が絶滅危惧種に指定されています。
ここでは、アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイの三種類が飼育されているそうです。

回遊水槽(南館3F)に接するように人工砂浜が設けられていてここで産卵出来るようになっています。

ウミガメの人工砂浜
ウミガメの人工砂浜

研究と飼育員さんたちの努力で、毎年産卵から孵化を成功させて放流まで行っているそうです。本当に感謝ですね。

ウミガメ研究
ウミガメ研究

付帯施設:名古屋港カメ類繁殖研究施設

回遊水槽の近くでは、毎年産まれた赤ちゃんウミガメが展示されていて定期的に見に行けば成長の過程が観察できます。

今年も8月までにかなりの数が孵化したようです。
1mを越える親カメからは想像も出来ない可愛らしい赤ちゃん。

一度見て「うわぁ~!可愛いねぇ~!」だけでなく時々会いに行ってあげましょう。

こんなになるまで何十年もかかるんですよね。

ウミガメ
ウミガメ

読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

PAGE TOP