オオモンハタ

スポンサーリンク

オオモンハタ

英名:Areolate grouper
学名:Epinephelus areolatus

オオモンハタ
オオモンハタ(碧南海浜水族館にて)

(引用:ウィキペディア)
全長約31~50cm。体形は典型的なハタ類のもので、頭は少しほっそりしている。 成魚の鰭や体には黄褐色から褐色の円い斑点が密に分布し、淡色の網目模様をなしていて、尾鰭は截形でその後縁は白い縁取りがある。幼魚には縞模様がある。円斑は成長とともに相対的に小さくなり、数を増すので見た目が変わる。
ホウセキハタは本種に似ているが、斑点が本種より小さく密であり、尾鰭の後縁が円形で白くない。またキジハタとも混同される。

 

オオモンハタ
オオモンハタ(碧南海浜水族館にて)

外部リンク Wikipedia
最終投稿日:2016/12/05


読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

PAGE TOP