デンキウナギ

2017年4月30日

スポンサーリンク

デンキウナギ

英名:Electric eel
学名:Electrophorus electricus

デンキウナギ アクアトトぎふ
デンキウナギ アクアトトぎふ

世界淡水魚水族館アクアトトぎふには2種類のデンキ○○○が飼育、展示されていました。

こちらが南米アマゾン川流域に生息するデンキウナギ
(もうひとつはアフリカに生息するデンキナマズ)

デンキウナギ アクアトトぎふ
デンキウナギ アクアトトぎふ

成魚は2.5mに達し、デンキウナギ目の魚の中では最大種とのこと。日本でおなじみのウナギとは体の構造や生活史が異なり全く別の仲間に分類されます。

眼は小さく退化しているが側線が発達しており、これで水流や周囲の様子を探っています。なので夜になって動き出す夜行性でも、エサとなる小魚を捕食するのに支障はありません。

デンキウナギ アクアトトぎふ
デンキウナギ アクアトトぎふ

鰓(エラ)はあるのですが、たまに水面へ口を出し空気呼吸の息継ぎをします。これによって、水の循環の悪い池や淀みでも生きていくことが出来ます。

(引用:ウィキペディア)
デンキウナギの発電器官は、筋肉の細胞が「発電板」という細胞に変化したものである。数千個の発電板が並んだ発電器官は体長の5分の4ほどあり、肛門から後ろはほとんど発電器官と言ってよい。この発電器官は頭側がプラス極、尾の方がマイナス極になっている(デンキナマズは逆)。
最高電圧は600Vから800V・電流は1A にも達する強力な電気を発生させることができる。ただし、この高電圧は約1000分の1秒ほどしか持続しない。

外部リンク Wikipedia
最終投稿日:2017/03/12


読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

PAGE TOP