デンキナマズ

2017年4月30日

スポンサーリンク

デンキナマズ

英名:Electric catfish
学名:Malapterurus electricus

デンキナマズ アクア・トトぎふ
デンキナマズ アクア・トトぎふ

世界淡水魚水族館アクアトトぎふには2種類のデンキ○○○が飼育、展示されていました。

こちらがアフリカのナイル川水系、ニジェール川水系などに生息するデンキナマズでアクア・トトぎふではコンゴ川の魚として紹介されている。
(もうひとつは南米アマゾン川流域に生息するデンキウナギ)

デンキナマズ アクア・トトぎふ
デンキナマズ アクア・トトぎふ

成魚は1m以上、20kgにまで成長する。上顎に1対、下顎に2対、計3対の口ヒゲを持つ。

デンキナマズ アクア・トトぎふ
デンキナマズ アクア・トトぎふ

体内の発電器官によって最大350ボルトに達する電気を発生させ、魚類としてはデンキウナギに次いで高い発電力を持つ。

(引用:ウィキペディア)
デンキナマズ科は発達した発電器官を持ったナマズ目で唯一のグループである。体の後半部分が発電器官になったデンキウナギに対し、デンキナマズは体表を包むように発電器官が発達している。頭部がマイナス、尾部がプラス極となっている。発電の目的はデンキウナギと同じく、餌となる小魚の捕食と体の周りに電場を作ることによって周囲を探るためである。

外部リンク Wikipedia
最終投稿日:2017/03/12


読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

PAGE TOP