ひと目ぼれしたほど綺麗なお魚 -ヤッコの仲間-

スポンサーリンク

水族館ではたくさんの種類のお魚が飼育、展示されています。一度ではすべてをとても憶えきれません。

さらに水槽の引っ越し新しい仲間が投入されることもあり、何度も通うファンを飽きさせない工夫もしてくれているようです。

あれ?、こんな魚この前来た時にも居たかなぁ?。」と見つけたのが下の2種類のヤッコ。

照明の具合もあるのでしょうがその魚体の美しさにしばらく動けなくなるほど見惚れてしまいました。

竹島水族館 ニシキヤッコとシテンヤッコ
竹島水族館 ニシキヤッコとシテンヤッコ

ニシキヤッコ

英名:Regal Angelfish
学名:Pygoplites diacanthus

竹島水族館 ニシキヤッコ
竹島水族館 ニシキヤッコ(アゴ下のトゲに注目)
竹島水族館 ニシキヤッコ
竹島水族館 ニシキヤッコ

シテンヤッコ

英名:Threespot angelfish
学名:Apolemichthys trimaculatus

竹島水族館 シテンヤッコ
竹島水族館 シテンヤッコ(アゴ下のトゲに注目)
竹島水族館 シテンヤッコ
竹島水族館 シテンヤッコ(アゴ下のトゲに注目)

キンチャクダイ科のお魚には体色の綺麗なものが沢山います。チョウチョウウオの仲間と似ているものもいますが、キンチャクダイの仲間はエラ下に後方へ伸びるトゲがあるのが特徴です。

どちらも幼魚の頃には異なる模様です。

→ ニシキヤッコの幼魚(Google画像検索)
→ シテンヤッコの幼魚(Google画像検索)

シテンヤッコの幼魚は、以前に紹介したトノサマダイにそっくりですね。

 


読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

PAGE TOP