ダイコクサギフエとサギフエの違いがさっぱりわからない

スポンサーリンク

サギフエについては以前碧南海浜水族館にて撮った写真で掲載しました。

→ サギフエ

鳥のサギの嘴(くちばし)のような形の口をした魚。フエは喉(のど)のことで口先から喉まで形が似ていることからサギフエと呼ばれるようになった、そうだ。

竹島水族館ではサギフエとダイコクサギフエとに分類されて掲示してあります。

竹島水族館の掲示
竹島水族館の掲示

要約すれば「ダイコクサギフエは上手い。」と言うことらしいがこれではわからないのでちょっと調べました。

ややスマート(体高が低い)、背鰭第2棘は比較的短く(サギフエに比べて短い)、第2背鰭基底後端を越えることがない。これがダイコクサギフエとのことらしい。

背中の棘(トゲ)の長いのがサギフエ、やや短いのがダイコクサギフエと思って眺めていてもちっとも違いがわからない。

一説によれば遺伝的な違いは無いという説もあり、学術的に分類する必要があるほどの違いがわかりません。

いつの日か飼育員を捕まえて解説してもらいたいと思っています。

これがサギフエかなぁ?って写真

竹島水族館のサギフエ?
竹島水族館のサギフエ?
竹島水族館のサギフエ?
竹島水族館のサギフエ?
竹島水族館のサギフエ?
竹島水族館のサギフエ?

こっちはダイコクサギフエかな?

竹島水族館のダイコクサギフエ?
竹島水族館のダイコクサギフエ?
竹島水族館のダイコクサギフエ?
竹島水族館のダイコクサギフエ?

 

 


読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

PAGE TOP