「まちじゅう食べる水族館」はもう一つの水族館

2017年6月14日

スポンサーリンク

蒲郡市の飲食店や旅館などで立ち上げられたのが「まちじゅう食べる水族館プロジェクト」だそうです。

蒲郡市観光協会のサイト
http://www.gamagori.jp/tokusyu/suizokukan/

街のあちこちでノボリやポスターを見かけます。

蒲郡 まちじゅう食べる水族館 とまりん
蒲郡 まちじゅう食べる水族館 とまりん

こちらは竹島ファンタジー館の隣にあるとまりんさん。

お昼ご飯は大切、しっかり摂らなきゃいけません。とか言って、かなりの遠回りというか別方向だ!との非難を無視して今日はこちらへ。

私はただいまマイブームになってるしらす丼

まちじゅう食べる水族館 とまりん(蒲郡市) しらす丼
まちじゅう食べる水族館 とまりん(蒲郡市) しらす丼

でも初めてって同行者は壁に貼られたお品書きをみながら迷うのはまあ当然ですね。

興味はあるがちょっと怖いからやめておく。」と、、、まあそうかもしれないな。

まちじゅう食べる水族館 とまりん(蒲郡市) 深海魚丼
まちじゅう食べる水族館 とまりん(蒲郡市) 深海魚丼

私は以前にこの深海魚丼をいただいていますが、盛られたお刺身を見て、そして食べても、「これはなんて魚だろう?。」とさっぱりわからなかったもんです。

まちじゅう食べる水族館 とまりん(蒲郡市) 深海魚丼
まちじゅう食べる水族館 とまりん(蒲郡市) 深海魚丼

そうそう、DXになるとアカザエビが大きいくらいは気が付きましたが。

以前は無かった(気が付かなかった?)オーダーのカウンター脇に上のようなパネルが出来ていました。

海鮮ものですから季節や日によって材料が替わるのでしょうね。
この掲示で少しはわかりやすくなったと思います。

 

同じ店内で鮮魚も売られていますが目を引いたのがハシキンメ

売りモノのハシキンメ
売りモノのハシキンメ

下の写真は竹島水族館でのものですが、名古屋港水族館にも碧南海浜水族館でも展示されています。

ハシキンメ(竹島水族館)
ハシキンメ(竹島水族館)

でも魚屋さんで見たのは初めてかなぁ~、それとも私が気が付かなかっただけかもしれません。

先日の三谷温泉にあるホテル明山荘でのランチバイキングでもいただきました。蒲郡周辺ではポピュラーな食材なのかもしれません。

三谷温泉 ホテル明山荘のランチバイキング
三谷温泉 ホテル明山荘のランチバイキング

普通に美味しいお魚です。どんな風に?と聞かれると食レポは得意でないので竹島水族館のグルメハンターにでも聞いてみましょう。

以前から調べたかったことがひとつありそれは「ハシキンメの口の中はノドグロのように黒い?」という噂。

ハシキンメ(竹島水族館)
ハシキンメ(竹島水族館)
ハシキンメ(竹島水族館)
ハシキンメ(竹島水族館)

噂というかネットや文献にそう書いてあるのですからきっと本当なのでしょう。以前から水槽内のハシキンメを見つけては口の中を覗き込んでいましたがなかなか見えなかったのです。

今日はちょっと失礼してハシキンメのお口の中を見させてもらいました。

すぐ隣で売られていたノドグロ(アカムツ)クロムツほどでは無いですが確かに黒いことは判りました。

ノドグロ(アカムツ)
ノドグロ(アカムツ)
クロムツ
クロムツ

ここも水族館のように観察に適した場所でしたね。

そうそう、今度は持ち帰り用にクーラー持って買い物に行きます。


読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

PAGE TOP