鳥羽水族館は飼育種類数日本一!

2018年5月26日

スポンサーリンク

鳥羽水族館(三重県鳥羽市)

2018年GW最終日となる5月6日に行ってきました。

鳥羽水族館(三重県鳥羽市)
鳥羽水族館(三重県鳥羽市)

1. 基本データ

正式名称:株式会社 鳥羽水族館
運営主体:株式会社 鳥羽水族館
所在地:〒517-8517 三重県鳥羽市鳥羽三丁目3番6号 (地図)
電話番号:0599-25-2555(代表)
最寄駅:近鉄志摩線中之郷駅(徒歩5分)、鳥羽駅(徒歩約10分)
入園料:大人2,500円、子供1,250円、幼児(3歳以上)630円
駐車場:有料(乗用車800円、合計で約500台)
開演時間:9:00~17:00(入館は閉館1時間前)
定休日:年中無休
公式HP:http://www.aquarium.co.jp/

 

2. 飼育種類数日本一!

入館者数は全国2位ともいわれるメジャーな水族館です。(ちなみに1位は大阪海遊館だそうです)
その規模だけでなく「飼育種類数日本一」がキャッチフレーズで約1,200種類と公表されています。館内は12のテーマにゾーン分けされ、ここでしか見られない珍しい生きものも多数展示されているなど何度も行きたい水族館のひとつです。

熊野灘の魚たち(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06
熊野灘の魚たち(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06

 

3. イルカ、アシカ、ラッコなどの海獣類も多数展示

鳥羽水族館 撮影日:2018/05/06
鳥羽水族館 撮影日:2018/05/06

魚類以外の哺乳類や、水中や水辺の動物たちも沢山います。
ざっと挙げてみるだけでも下記の様な豊富な海獣展示が見られます。

・アシカ
・アザラシ
・トド
スナメリ
・イロワケイルカ
セイウチ
ジュゴン
マナティー
・カピバラ
・ラッコ
・ビーバー
・スナドリネコ
コツメカワウソ
・ペンギン
・ペリカンなど鳥類

なかでも人魚伝説のもとともなったジュゴンが見られるのは日本でもここだけです。

ジュゴンのセレナ(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06
ジュゴンのセレナ(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06

 

4. ぜひ見ておきたいショー&イベント

アシカショー(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06
アシカショー(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06

来館者を楽しませてくれるショーやフィーディングタイム(お食事タイム)の時間が公開されています。事前に公式HPでチェックしておくなり、入館後真っ先にパンフレットを入手しその日のスケジュールを検討しておきましょう。

どうしても見ておきたいものが2つや3つは有ると思います。その時間を把握したうえで合間合間で水槽エリアを回るのがお薦め。

ただ一つだけ注意をするのは動物たちも生きものです。その日の体調や気分によって突然ショーが中止となることがあります。私の訪問日にもセイウチパフォーマンスショーが中止になりました。GWという春先はセイウチにとっての繁殖期にあたり精神的にも不安定な時期だったようです。

ショースケジュール(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06
ショースケジュール(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06

これも下記に拾って羅列しておきます。何度も言いますが時間を調べての来館を強くお薦めします。

・アシカショー (4回/日)
・セイウチパフォーマンス笑 (2回/日)
・ペンギン散歩 (1回/日)
・ラッコのお食事タイム (3回/日)
・海獣王国お食事タイム (2回/日)
※時間、回数、公開の有無は突然の変更有

 

5. おすすめ観覧スケジュール

ここでは私が計画し、だいたい予定通りに見学できたスケジュールです。次回の計画時の検討材料として記録しておきます。もしよろしければ参考にしてください。

1. (10:00)初回のアシカショーに合わせて入館

アシカショー(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06
アシカショー(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06

この時間に合わせて名古屋出発時間を決めました。近鉄中之郷駅(到着が9:40頃)からゆっくり歩いて約5分、入館後まっすぐパフォーマンススタジアムへ。ショーの10分ほど前に到着できましたが、少人数なら前から数列目という良い席が確保できると思います。ショーは約15分とのこと。

2. (11:00)セイウチパフォーマンスショー

予定ではセイウチショーも見たかったのですがこの日はコンディション不良ということで中止になりました。繁殖期にあたり中止の可能性も告知されていたのでしかたありませんね。本来の予定よりのんびりと各展示室を見ることが出来ました。

3. (12:00)ペンギン散歩

鳥羽水族館のペンギン散歩(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06
鳥羽水族館のペンギン散歩(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06

2階の水の回廊コーナーには観覧スペースが用意されています。ちなみにセイウチショーもこちらで行われるようです。広い会場ですので開始前10-15分前に行けば良い位置取りが出来そうでした。フンボルトペンギンのよちよち歩きが見られます。お薦めはペンギンたちが入退場するコーナーあたりが良さそうです。ショーは約10分。

4. (13:00)ラッコのお食事タイム

ラッコのお食事タイム(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06
ラッコのお食事タイム(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06

2階の極致の海という展示室です。20分ほど前に行きましたがさすがの人気です。すでにぱらぱらと人が集まって来ていました。同じ展示室にはイロワケイルカや他の生きものも居ますからやや早めに行き観客の集まり具合を見ておく方が良いと感じました。

5. ここから各展示室をのんびりまわります。

テーマ展示室(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06
テーマ展示室(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06

鳥羽水族館には他の施設ではあたりまえの良く見かけるものがありません。それは「順路」という看板が一切ありません。好きな所から好きな順に回ってください、という方針のようです。AからLまで名づけられた展示室やコーナーを好きに見て回ります。

水槽は平均的に大きくサンゴ礁や海藻水草も豊富に散りばめられたものが沢山あります。ただ唯一気になったのがお魚や生物を紹介する魚名版が追い付いていない感じです。「あっ綺麗な魚だな」と思っても名前がわからないのはもやもやしませんか?。(多くの人からそんな奴は居ないと言われますが)次回行くときには小さめの図鑑でも持参しようと思っています。

水槽を額縁や窓枠のように見せて景色を眺めるかのように楽しむには素晴らしい水族館だと思います。

それとややマニアックすぎて多くの方には「興味が持てない」とか、行ったことのある人でも「気が付かなかった」と見落とされるエリアかもしれません。それがマリンギャラリーという展示室です。私的には大変興味深い内容でしたけどね。

標本展示室(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06
標本展示室(鳥羽水族館)撮影日:2018/05/06

 

6. 体力が有り余っていればもう1回?

閉館時間は17:00です。広い館内をうろうろしてたら小さな子供さんだけでなくへろへろに疲れてしまいます。早めに引き上げるとしてもその日の締めとしてショーをもう一度見てから帰るというのもおすすめです。同じ動物、同じ構成であっても彼らも生きものです。違った表情や演技を見せてくれるかも知れません。下に遅めのショーの時間を拾っておきます。

15:00 海獣王国のお食事タイム
15:30 アシカショー
16:20 ラッコのお食事タイム

 

6. その他気が付いたこと

三重県にはここ鳥羽水族館の他にも伊勢シーパラダイスや志摩マリンランドなどの有名どころがあります。私も当初は「せっかくだから複数まわれたら良いのにな」と考えましたが全然無理です。ウォーキング並みのペースで「ふぅ~ん」「へぇ~」と言って歩くだけなら1-2時間でしょうが、観ておきたいショーの時間に合わせるとか、いくつかでも「なに?これ??」なんてものを見つけてしまっては結構時間がかかります。

それだけでなく愛らしいラッコやカワウソ、ペンギンなどを眺めていればつい10-20分と長居をしてしまうものです。

2-3時間しか取れないということなら次回のための下見とでも思って全体像の把握と割り切るか、どうしても外せないというものに絞って入館するのもひとつでしょう。

あわただしく館内を通り過ぎるだけではあまりにもったいない水族館だと思います。


読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ