ネッタイミノカサゴ

2016年12月3日

スポンサーリンク

ネッタイミノカサゴ

英名:Brordbarred firefish
学名:Pterois antennata

ネッタイミノカサゴ
ネッタイミノカサゴ 撮影日:2016/10/10

(引用:名古屋港水族館)
『海の貴婦人』の愛称をもち、長いひれを優雅に揺らして泳ぐ美しい魚です。背びれ・しりびれ・腹びれのトゲにタンパク毒があり刺されると重症の場合、吐き気や関節痛、呼吸困難を起こす。

トゲが刺さった時はトゲが残っていれば慎重に抜き、45度°C以上の湯につけると痛みが和らぐ。トゲが長いため深い傷を負うことがあるので病院へ行き治療した方が良い。

他のミノカサゴとの見分け方は、胸ビレ(膜の有無と長さ)、尾びれ(透明かどうか)、目の上の皮弁の長短などだがどれも微妙。

ネッタイミノカサゴ
ネッタイミノカサゴ 撮影日:2016/10/10

外部リンク Wikipedia
最終投稿日:2016/12/03


読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ