名古屋港水族館のカマイルカ

2017年2月12日

スポンサーリンク

カマイルカ(マイルカ科)

英名:Pacific white-sideed dolphin
学名:Lagenorhynchus obliquidens

名古屋港水族館のカマイルカ
名古屋港水族館のカマイルカ

 

(引用:名古屋港水族館)
北太平洋の温帯域に広く分布し、日本近海でもよく観察される。カマイルカの和名は背びれの形や色合いが草を刈る鎌(カマ)に似ていることから由来する。

群れで行動することが多く、時には数百頭から数千頭の群れを作る。セミイルカやハナゴンドウなど、他の小型のクジラ類と一緒に行動することもある。動きが非常に俊敏で瞬発力があり、ジャンプや宙返りなどアクロバティクな遊びが観察される。白と黒のコントラストが美しい体色をしている。その模様は非常に変化に富んでいる。群集性の魚類やイカ類を捕食する。日本の水族館ではバンドウイルカに次いで多くの園館で飼育されている。

 

カマイルカのパフォーマンス
カマイルカのパフォーマンス

外部リンク Wikipedia


読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

PAGE TOP