カマツカ

スポンサーリンク

カマツカ

英名:
学名:Pseudogobio esocinus

カマツカ
カマツカ

コイ目コイ科の日本の淡水魚で鎌柄と書くことも。岩手県、山形県以南の本州、四国、九州に分布する。

体長は5-20cmほどの細長い体型で、長く下向きに尖った吻、と1対のヒゲが特徴。

カマツカ
カマツカ

きわめて臆病と言われ、驚いたり外敵が現れると、砂底の中に潜り身を隠す習性がある。このことからスナホリ、スナモグリと呼ぶ地域もある。

観賞魚としても流通していて、熱帯魚や金魚水槽の底砂掃除係(タンクメイト)としてカマツカを飼育している人も多い。ただし、水質に敏感なうえに臆病で神経質な性格のため飼育は難しいほうである。

カマツカ
カマツカ

外部リンク Wikipedia
最終投稿日:2017/02/10


読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

PAGE TOP