オオコシオリエビ

2018年11月22日

標準和名:オオコシオリエビ

英名:
学名:Cervimunida princeps
別名/地方名:大腰折海老、キンシローエビ(愛知県蒲郡周辺)、クモエビ(静岡県)

オオコシオリエビ(名古屋港水族館)撮影日:2018/07/13
オオコシオリエビ(名古屋港水族館)撮影日:2018/07/13

頭部から手鋏脚にかけての頭胸甲(背甲)はアカザエビとそっくりです。生息域もアカザエビと同じように深海の水深200m以深で東北以南の地域とされています。

深海底引き網漁やアカザエビを狙ったカゴ網漁で獲られるそうですがやや外道扱いかもしれません。食べられる腹節の部分がアカザエビよりずいぶん小さいので水産上の価値が上がらないようです。

オオコシオリエビ(名古屋港水族館)撮影日:2018/07/13
オオコシオリエビ(名古屋港水族館)撮影日:2018/07/13

私が初めてじっくり見たのは蒲郡市の和食処山女魚のおばちゃんからこう言われたことでした。
「すごく美味しんだよ。お客さんは食べ方を知らないから残していく人がほとんどで本当に残念。」と言いながら殻の剥きかたを教えてもらったものです。味はアカザエビより甘みが強いように感じました。

キンシローエビ(蒲郡市形原 山女魚さん)
キンシローエビ(蒲郡市形原 山女魚さん)

また、おばちゃんはキンシローエビと教えてくれました。後日のことですが大府市にあるげんきの郷の鮮魚店でキンシローエビと表示されているのを見たことがあります。

しかし、何種かの図鑑をみても(図書館へも出かけたよ)キンシローエビが見つかりません。
偶然見つけたのが名古屋港水族館の深海コーナーでした。そこでやっとオオコシオリエビが標準和名と分かったというわけです。

外部リンク Wikipedia(オオコシオリエビ
最終投稿日:2018/11/22


にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ